活動記録

福井大学公開講座「福井大学発 地域の再生・活性化」を実施

 福井大学公開講座「福井大学発 地域の再生・活性化」を実施しました。 
・第1回 8月22日「若狭湾に津波襲来の可能性を探る……地域の安全安心のために……」 
 地域環境 研究教育センター 山本博文教授
・第2回 9月26日「子どものこころの発達研究センターの取組みについて~生きる喜びに溢れた子どもたちの笑顔を目指して~」
 子どものこころの発達研究センター 友田明美教授
・第3回 10月3日「地域における原子力防災の取組み」 附属国際原子力工学研究所 安田仲宏教授
・第4回 10月31日「産学官民連携による福井の活性化-タイの地域医療、経済、大学教育から学ぶもの」
 産学官連携本部 竹本拓治准教授
 この講座は「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」における地域志向教育研究の成果を一般に公開し、福井大学で展開している「地域の課題解決による再生・活性化」「学生の主体的な学びを促進し地域志向の人材を育成」を軸とする地域貢献に関する事業を紹介することを目的に、今年度から実施したものです。
 地域の防災や超少子化社会における子どもの健やかな成長に向けた取組など地域の課題に関するものや、タイに留学した福井大学の学生が主体的に学ぶ様子などが紹介され、興味深い話に受講者も聞き入っていました。




第2回「子どものこころ発達研究センターの取組みについて~生きる喜びに溢れた子どもたちの笑顔を目指して~」


第4回「産学官民連携による福井の活性化-タイの地域医療、経済、大学教育から学ぶのも」



ページトップへ