活動記録

放送大学との公開セミナーを開催

 福井大学地域貢献推進センターが共催する、放送大学福井学習センターとの公開セミナーが、8月31日に福井学習センター(AOSSA 7階)で開催されました。
 本セミナーは、放送大学学生及び一般県民に広く学習の機会を提供する場としており、約50名の参加がありました。

 講演に先立ち、放送大学の事業内容及び本学のCOC事業や地域貢献推進センターの取り組み内容について説明があった後、今回は「心理学から学ぶもの」をテーマに2つの講演がありました。
 最初に、岸 俊行放送大学福井学習センター客員准教授(本学准教授)から「日常生活において心理学はどのような問題に寄与するのだろうか」、続いて、田中美吏福井大学教育地域科学部講師から「スポーツ選手が抱える諸問題に対する心理学的アプローチ」と題し、いろいろな事例も交え、講演がありました。
 その後、自由討論を行い、参加者は、心理学という学問について、心理学から何を学ぶことができ、どのようにつきあうべきなのか改めて考えるよい機会となりました。




ページトップへ